10.婚活地獄

数年間も婚活しているのにまだ結婚ができないとか、結婚相談所や婚活サイトにたくさん登録しているのに、会費を支払うばかりでなかなか結婚し出来ないというような、婚活をしていても長期間結婚できない状態のことを、婚活地獄といいます。婚活地獄は、婚活をしている方ならだれでも陥る可能性があり、なぜ婚活地獄に陥ってしまったのかがわからないということが特徴です。「私(僕)の今の状態は、別に婚活地獄っていうほどひどくない」と多くの皆さんが考えているようですが、冷静に自分の婚活を振り返ってみた時、婚活を始めて数年経っているということや、複数の結婚相談所や婚活サイトに登録しているという状況にあったとしたら、残念ながらそれは完全に婚活地獄に陥っているといえます。
婚活地獄に陥りやすくなるきっかけとしては、多少良い出会いがあったとしても、「この次にもっと良い出会いが待っているかもしれない」と考えて、次、次とどんどん婚活時期を伸ばしていくことがあります。より良い結婚をしたいので、自分にとって100%の理想を求めたいと願う方に多くあるようです。一度でも、次にもっと良い出会いがあったということを経験してしまうと、なかなか“この人にしよう”と決めて結婚に向けて歩みだすということができなくなっていくようです。また他にも、異性を選ぶ基準で重要視しているのが外見だという方も、婚活地獄に陥りやすい傾向にあります。かわいいもしくは格好いいと思ってお付き合いを始めてみるものの、女性ならまったく料理ができなかったとか家事は一切したくないという方だったり、男性なら仕事を転々と変えてしまったりお金にだらしがないところがあったりする方だったりして、内面が結婚に向いていないのではないかと思える方だったということがあります。もちろん最初の出会いでは外見が重要視されがちで、顔の造りが整っている方がよいという気持ちがあることは確かですが、そればかりを重要視すると、こんなはずではなかったということを数多く経験することとなり、婚活地獄に陥る羽目になります。

このような婚活地獄に陥らないようにするためには、いくつかのポイントがあります。まずは、婚活の時期をある程度決めるということです。自分の仕事の状況や金銭的な状況、どの程度婚活に時間をさけるかということや自分の結婚したい年齢のリミットなどと照らし合わせて、半年や1年といった期間で区切るとよいでしょう。この婚活時期の設定を、1年以上としてしまうと、婚活地獄に陥りやすくなります。まずは1年として婚活期間を設定し、1年間は婚活に力を注いて、もし1年後うまくいかなかったら、うまくいかない原因を考えて対策を練っていく必要があります。そうしていくことで、だらだらと婚活が続くという婚活地獄からは抜け出すことができるでしょう。また他にも婚活地獄に陥らないようにするためのポイントとしては、自己分析をやり直すということがあります。自分にどんな長所があり、どんな短所があり、そしてどんな仕事で社会的にはどのようにみられている位置にいるのかということをしっかりと把握しなおすと、自分の身の丈に合った結婚はどのようなものかということが具体的に見えてくるようになります。もしかしたら、婚活では条件を数多く設定し過ぎていたのかもしれないし、条件は少ないかもしれないけれどそれが非常に困難な条件だったりしすぎているのかもしれません。また自分にとっては合わないと思うような、無理を必要とするような相手を結婚の条件として組み込んでいるかも知れません。そうして自己分析をすることで、より適切な婚活ができるようになっていくでしょう。そしてもう一つ重要な婚活地獄に陥らないポイントが、完璧な相手などいないということを知るということです。自分の条件に100%合う異性は、絶対にいないといっても間違いないでしょう。もちろん、理想により近いという人はいるかもしれません。またここだけは譲れないという1点が、非常にあっているという方もいらっしゃるかもしれません。ですが、すべての条件で自分の希望を100%かなえてくれるという人は、決していません。それを理解しておけば、婚活地獄に陥る前に、この点だけは譲れないけれど他はいいやと思える人とであることでしょう。

recommend

川口周辺エリアで口コミで評判の注文住宅・建築会社 人気ランキング5

Last update:2018/3/5