2.幸せな結婚


なぜ結婚をしたいのかということは、婚活をしている方にとっては必ずポイントとなる問題ではないかと思います。結婚したい理由をいうのは人それぞれですし、様々な事情があって結婚を願うようになっていると思いますので、結婚したい理由として良いものとか悪いものということがあるわけではありません。また、結婚したい理由なんて特に考えたこともなく、結婚をしてしまっているという方もいらっしゃれば、結婚したい理由ははっきりしているのに結婚できずにいるという方もいらっしゃいます。ですから、結婚したい理由がはっきりすれば結婚できるというものでもありません。
ただ、傾向として結婚したい理由というのもいくつかあって、男性にとっても女性にとっても、結婚をしたい理由としては、好きな相手と一生一緒にいて、安らぎを得られる場所を作りたいからということがあるようです。ただ男性にとっての結婚したい理由と女性にとっての結婚したい理由は、ニュアンスが微妙にずれているところはあります。男性にとって、結婚したい理由として好きな相手と一生一緒にいて、安らぎを得られる場所を作りたいという時には、頼られたい、責任を果たすべき相手を持ちたい、または自分という存在の確認をしたいというニュアンスがあるようです。一方で、女性が好きな相手と一生一緒にいて、安らぎを得られる場所を作りたいという時には、好きな相手と一緒にいるということが非常に重要になったり、感情的に満たされたという気持ちを得たいということだったりするようです。
もちろん他にも結婚をしたい理由としてはいくつもあり、女性なら社会的に結婚しているという地位を得たいということや、親を安心させてあげたい、孫の顔を見せたいということがあったりしますし、男性では家事をしてくれる人がいてほしいという理由もあれば、性的な満足感を得たい対象をして結婚したいということもありますし、女性同様に親を安心させたり孫の顔を見せたいという理由もあるようです。
どのような理由であっても、結婚してから幸せを感じる方もいらっしゃれば、結婚は不幸せになるだけで止めておいた方がよかったと考える方もいらっしゃいます。男性の間では「結婚は人生の墓場だ」というがあるように、行動的にも金銭的にも、結婚によって制限が設けられてしまったり、安らげるはずの家でも安らぎはなくて居場所もなく、家族に対する責任という重いものだけを背負ってしまったりしたという方にとっては、結婚は不幸せになるものだからやめておけばよかったと考える要因になっているようです。しかし結婚してよかった、結婚は幸せだと感じる方は、結婚したことで自分の作った家族ができ、仕事で疲れて帰ってきてもその疲れを半減させてくれたり、家事をしなくても済んだり、楽しみも2倍になったりするということを感じていらっしゃるようです。子どもが欲しいと願う男性にとっては、結婚によって子どもができて育てていられるということに幸せを感じる方もいらっしゃいます。また結婚していないと社会的に半人前と見られがちですが、結婚をしたことで周囲からも一人前と認められるようになったということも、結婚して幸せを感じられる要因となっているということがあります。
一方、女性にとって結婚はやめておけばよかったと考える要因としてあることが、結婚したことで家事などしなければならない仕事が増えるばかりになり、負担が大きくなっただけだったということや、仕事を続けていったりキャリアアップをしていくうえで結婚が支障となってしまったということ、子どもができた後には子育てをしなければならなくなって自分の人生を充実させられていないと感じるようになったということ、結婚をしたことで親戚づきあい等が増え、わずらわしくなるということがあります。しかし同じ結婚という状態でも、それを幸せに感じる方もいらっしゃいます。女性が結婚後も幸せを感じる要因としては、好きな人と一緒にいられるという満足感があるということや、尊敬できる人が一緒にいるということで毎日の生活を充実して過ごせるということ、自分を大切に感じてくれているという人がいるということの喜び、自分の人生の不安や責任を一緒に背負ってくれる相手を得たことによる心強さがあるということなどです。中には、経済的に働かなくても済むようになったということや社会的に認められたということなどもあります。

どちらにしても、結婚は楽しさも2倍になる代わりに、負担するものも2倍になります。ですから、結婚を心強さを得たととるか煩わしさを得たと取るかによって、幸せになるかならないかが決まってくるようです。

check

タウンページ
http://itp.ne.jp/?rf=1
手芸用品の通販サイト
http://www.syugeiyasan.co.jp/
貴金属の高価買取サイト
http://kikinzokukoukakaitori.com/

2014/10/10 更新